乗り物酔い研究室(のだ耳鼻咽喉科内)乗り物酔い研究室(のだ耳鼻咽喉科内)

耳鼻咽喉科医師の野田哲哉です。研究者は私1人ですが、20年以上前から乗り物酔いを研究しています。

乗り物酔いは揺れによって起こりますから、動揺病や加速度病とも呼ばれています。乗り物に乗ったら、なぜ吐き気や嘔吐があるのでしょうか。内耳性めまいでも吐き気や嘔吐を伴います。この2つは同じ機序で起こるのでしょうか。これまでは乗り物酔いは「感覚混乱」で、内耳性めまいは「前庭自律神経反射」で起こるとされています。

加速度負荷における中枢への入出力
図1(クリックすると大きく表示します)
図1は私の考え方の基本を示しています。これまでの考え方と大きく異なるのは内臓からの入力があるとしたことです。胃を始めとする消化管が揺れを感じると考えています。「感覚混乱」や「前庭自律神経反射」では、なぜ吐き気や嘔吐が起こるのかを全く説明できません。私の考え方は他の研究者にほとんど受け入れられていないのが現状ですが、誰からも考え方の核となる部分を否定されたことはありません。

乗り物酔いについて」では乗り物酔いの発症、頻度、対策などを説明しています。
 「乗り物酔いの平衡機能説」は私のこれまでの乗り物酔い研究のまとめです。
 ご批判やご意見は歓迎いたします。こちらのお問い合わせよりご連絡ください。

2012年11月22日


研究者略歴

1956年6月長崎市に生まれる
1982年3月長崎大学医学部卒業
1982年6月~長崎大学医学部耳鼻咽喉科および関連病院勤務
1992年6月~田川市立病院耳鼻咽喉科勤務
1996年6月~国立長崎中央病院(長崎医療センター)耳鼻咽喉科勤務
2002年9月のだ耳鼻咽喉科開院

(資格)

1990年3月日本耳鼻咽喉科学会専門医
1992年1月学位(医学博士)取得
のだ耳鼻咽喉科 院長 野田哲哉のだ耳鼻咽喉科
院長 野田哲哉
のだ耳鼻咽喉科外観

のだ耳鼻咽喉科のご案内

医療機関名のだ耳鼻咽喉科 診療科目耳鼻咽喉科
院長名野田哲哉 スタッフ看護師4名、事務員3名
診療時間月・火・水・金/9:00~12:00、14:00~18:00
木・土/9:00~12:00
駐車場18台収容可

大村市医師会ホームページ内当院案内はこちら